意外にシンプル、エリザベス女王の食事とは!?

Pocket

「意外にシンプル、エリザベス女王の食事」

 

 91歳というご高齢のエリザベス女王、

近頃では、年齢を考慮して少し公務を減らされているようですが、

それでもまったくお年を感じさせないほど日々精力的に活動しておられます。

 

 人間の元気の素は食事です。英国女王ともなれば、

さぞや豪華な食事を召し上がっていて、

それがあの元気さを支えているのだろうと予想していたのですが、

調べてみると意外な事実がわかりました。

 

じつは、エリザベス女王の食事はとてもシンプルだったのです。

 

その理由は、体重管理のため。

ですから、たとえば来客のない時のランチは

鳥や魚のグリルにサラダを添えた程度のメニューとなっているようです。

 

イギリスといえば、付け合わせにポテトというイメージですが、

女王は基本的にポテトやお米、パスタは召し上がりません。

 

デンプン質の食べ物を避けることで体重増加を押さえておられるのだとか。

 

また、イギリス人にとって欠かせないのがアフタヌーンティーの習慣ですが、

それは、女王の地位にある人にとっても同じようで、

女王は、午後のお茶の習慣を大切にされているご様子です。

 

スポンジケーキやビスケットケーキ、サンドイッチなどとともに

香り豊かな紅茶を味わうことは、

おそらく女王にとって譲れない大切な午後のひとときなのでしょう。

 

ついついランチの時間さえ惜しんで働いてしまいがちな私たち日本人ですが、

時にはアフタヌーンティーのようなゆったりした時を味わってみてもいいのかもしれません。

 

 

 

アンティークコインのコインパレス

http://coinpalace.jp

 

コスモポリタン

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170418-00010003-cosmopoli-hlth&p=2

 

イングリスタ

エリザベス英女王90歳に学ぶ長寿の秘訣

About the Author

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA