日本人が知らない欧米富裕層の資産運用法タイトル

アンティークコイン=究極の資産運用

アンティークコイン=究極の資産運用と聞いて、 日本人のほとんどがピンとこないのではないでしょうか。 世界中の総資産の約半分が、たった1%の人間達によって保有されてしまっていることをご存知ですか? その1%の富裕層に今最も選ばれているのが、実はアンティークコインなのです。 最近になり、様々な出版物が出始め、ようやく日本人の富裕層にも浸透しつつあるのですが、今まで誰も口にしなかったために、 あまり一般的に知られてきませんでした。 しかしインターネットの普及と共に、世界の情報を入手しやすくなり知られることとなったのです。

グラフ1 なぜあまり知られていなかったのか。
そこに、あまり口にしたくない事実があるのです。

一般的に資産運用というと、不動産、株、FX、投資信託、金など、様々なものがあり、素人がすぐにお金を増やしていくのは非常に難しいとされていますが、 それらの一般的な資産運用とアンティークコインは大きな違いがあります。素人がすぐにお金を増やしていくのは非常に難しいとされていますが、 それらの一般的な資産運用とアンティークコインは大きな違いがあります。

それは、

「限られた数量しか存在しないもの」

ロレックス

「限られた数量しか存在しないもの」、さらに言えば「減少していく美術品」であるということです。 そこで考えたいのですが、一般的にどこでも販売されていて、何度でも生産が可能な商品と、限定生産のため二度と生産されない商品、 一体どちらの価値が上がるでしょうか。 例えるなら、記憶に新しいニュースとして、東京駅100周年Suica(スイカ)が、発売当初、1万5千枚限定の販売となり、 購入希望者が殺到した結果、2,000円のスイカがなんと、オークションにおいて20万円で落札された例もありました。

スイカ その後、購入希望者全員分が生産されることが決定されたことで、オークションでも一気に値下がりし、 現在では数千円で購入できる状態になっています。 もしあの時の増産が無ければ、きっと今も高値を付けていたことでしょう。

『需要と供給のバランス』、つまりいかに希少であるかが価格を決めるポイントなのです。 アンティークコインは、絶対に増産されない美術品(世界遺産)でもあります。

そのため需要の増加はあっても、供給が増えることはありませんので、 確実に損をしない実物資産といえるのではないでしょうか。 それゆえに、アンティークコインは、年を追うごとに価値が上がることはあっても下がることの無い、希少性の高い実物資産なのです。



「そんなことありえない!」

グラフ2
そう誰もが思うのは当然ですが、事実過去10年で約250%の価格上昇という、驚異的な結果も出ています。

リーマンショックで日経平均が急落した時も、 コインは一切落ちず、上がり続けています。

この大暴落の時に最も注目を浴びたのが、 アンティークコインでした。

もちろんドル円もある一定期間で見ると上がっていることもあるのですが、 常に上がり続けているわけではないという事、また下がった時など不安で損切りしてしまったり、 強制ロスカットが発生したりなど、常に不安を抱えることになりますよね。

アンティークコインは、下がらないだけでなく、価格上昇率を見ても、年20〜25%と他を圧倒する利回りを誇ります。

しかも25%というのはあくまで平均値ですので、中には150%を超えるものも多数存在するのが事実です。

「ほんとにそんなことってあるの?!」

やはりなかなか信じていただけないと思いますので、是非一度弊社ショールームにお越し頂ければと思います。
アンティークコインの実物を例に、過去の価格と現在の価格の上昇率をご覧いただきたいと思います。
アンティークコインを見るだけでも話を聞くだけでも一切費用は掛かりませんのでご安心ください。
ご多忙の方には訪問もさせて頂きますので、お気軽にお問い合わせください。


ショールーム
なぜアンティークコインは価格が上昇するのですか?

先ほどもお伝えしましたが、「減少していく美術品」であることです。

オークション
資産であるが故に、人目につかないように隠され、現存数は時間と共に歴史に埋もれ、確実に減っています。

だからこそ希少価値が高くなり、ヨーロッパの資産家、アメリカの資産家が、そして日本のわずかな資産家が、常に世界中のオークションで探し続けているのです。

希少なものになれば、世界に数枚だけ。いくらお金を積んでも、なかなか手に入らない。株やFXにはない、この希少性こそが、アンティークコインの魅力なのです。

日本人が最も弱いこの「限定」という言葉が最もマッチした資産、 これがアンティークコインなのです。

有名な画家が描いた美術品が、何億という値段で売買されているのも、同じ仕組みなのです。

アンティークコインってほんとに資産になるの? と少しでもご興味を抱いていただいた方にお勧めしたい本がこちら。


アンティークコインが資産運用に向いているというメリットとは?



プライバシー保護の為、会員制のショールームで予約制(2時間)としております。
事前にメールかお電話でご来店日時のご希望をお聞かせ頂けましたらと存じます。
皆さまのご来店をお待ち申し上げております。

日本でも徐々に認知され始めた今がチャンスなのです!

限定や収集というものは、本来日本人がとても好む傾向にあります。
他人が持っていないものを自慢したい、とにかく集めたい、そんな需要が今後ますます広がることが予想されます。
今の日本では比較的コインは入手しやすいですが、今後需要が高まれば、なかなか手に入りにくくなり、それに比例して値段も高騰していきます。
アベノミクスの時に、円は1年で20%〜30%価値が下がりましたが、アンティークコインは、1年で200%上昇という結果も出ています。

このような経済情勢の不安から、勝ち組といわれる資産家の方々は、早々に円をコインに変え、現物資産として保有されています。

アメリカと日本のGDP比較

当社では海外で行われるオークションに多数のディーラーを派遣し、 常に希少価値のあるコインや希少価値が上がりそうなコインを探し落札を行っております。 海外のマーケットを見ていると、貨幣学としてアンティークコインは確固たる地位を築いており、 どういったものか説明をするまでもないのですが、日本では、GDPが高いにもかかわらず アンティークコインのことを知っている人が非常に少なく、先進国の中で最もアンティークコイン 市場が遅れているといわれています。つまり、日本のマーケットが今後ますます拡大する可能性は無限大なのです。

でも、やっぱりお金と違ってコインは心配・・・

という方。もちろん、お金にも偽札がある様に、コインにも偽物があり、また一般的な相場よりも高く買わされるんじゃないの? といった不安もあると思います。なので、いくら上がり続けるといっても、最初から高めに買ってしまっていては、上がるまで時間がかかってしまいます。 やはり初心者でいきなり始めてしまうと大損をしてしまう可能性もあります。

当社は、『経費をかけない(価格に添加しない)』ことに最大限の企業努力を払い、国内最安値を目指しており、 その取扱い実績では絶対の自信があります!アンティークコインの相場や値上がり率予想など、商品を交えてご説明いたします。

コインパレスの特徴とは!?

アンティークコインを見るだけでも話を聞くだけでも、一切費用は掛かりませんのでご安心ください。
プライバシー保護の為、完全予約制となっていますので、予めご連絡お願い申し上げます。

お問い合わせ

下記フォームに必要事項を入力後、確認ボタンを押してください。

お名前 ※必須
Mail(半角) ※必須
お問い合わせ内容

 

1000Pプレゼント


© 2008-2017 coinpalace All Rights Reserved.

お問い合わせ